幸せのオーガニックコスメ~地球といっしょにきれいになろう

コスメキッチンオンラインストアでデリケートゾーンケア特集開催中!注目はpH値を3-4に保つ成分入りのドイツのBIOTURM(ビオトゥルム)製品

オーガニックのデリケートゾーンケア製品は日本では普及が遅れているジャンルだと思うのですが、コスメキッチンのオンラインストアで、なんとデリケートゾーンケア製品の特集が開催されていることが分かりました! 日本でこういった商品が買えるところも限られておりますので、気になる方がいましたらチェックしてみるといいのでは?と思います。

私自身が知らないブランドのものも多く、またナプキンやおりものシートなど関連製品も販売されていてとても興味深いです。

>>>コスメキッチン 2017年秋 デリケートゾーンケア特集

デリケートゾーンケアxオーガニックと言う切り口はまだまだ日本では浸透していないけど海外では常識!

 
さて、以前、アンボーテというオーガニック認証であるCOSMOS認証を取得した国産のデリケートゾーン専用ボディソープをご紹介しましたときに、デリケートゾーンケアは海外では常識で、オーガニック系の製品もたくさん出回っているのに、日本ではまだまだ浸透していないという話を書きました。

ところが、若い女性に大人気のあのコスメキッチンさんのウェブストアをのぞいたら、なんとデリケートゾーンケアの特集が開催していまして、ちょっと嬉しくなりました。いよいよこういったケアに目を向ける人が増えてきたのかな?と。

製品のラインナップを覗いてみると、国産のものと海外製のものとがミックスされていて、メインは海外製かなという感じです。でも、以前「自然ぐすり」の著作紹介でご紹介した森田敦子さんのブランドであるINTIME ORGANIQUE(アンティームオーガニック)などもあり、バランスよく色々取り揃えている感じがしました。デリケートゾーンは粘膜ですし、オーガニック系商品の出番!という感じなのですが、まだまだ日本製のものは少ないので貴重です。

>>>コスメキッチン INTIME ORGANIQUE アンティームオーガニック

特に注目のブランドは、pH値を3-4に保つドイツのビオトゥルム(BIOTURM)のデリケートゾーンケア製品のセット

中でも注目なのが、ドイツのオーガニックコスメブランドBIOTURM(ビオトゥルム)のデリケートゾーンケア3点です。

>>>コスメキッチン ビオトゥルム フェミニンクリーム

>>>コスメキッチン ビオトゥルム フェミニンウォッシュジェル

>>>コスメキッチン ビオトゥルム フェミニンデュオスプレー

ビオトゥルム社というのはドイツのオーガニックコスメブランドで、2002年に創業されました。中でも独自開発したオーガニック乳牛のミルクからできたオーガニックの乳清由来のラクトインテンシブ アクティブコンプレックス(ホエイ)がベース成分となり、この成分を活用した様々な製品を作っています。日本では株式会社おもちゃ箱さんが2016年から輸入販売を開始しています。

ちなみにこのラクトインテンシブアクティブコンプレックスや肌のpH値を3-4に保つ効果があり、これがデリケートゾーンケアに最適ということのようです。普通のデリケートゾーンケア製品というだけではなくphコントロールがメインになっているのがBIOTURMならではだと感じましたし、デリケートゾーンケアにも最適だなと思います。ちなみにドイツのオーガニックコスメ認証のBDIH認証を取得しています。

各商品の全成分はこんな感じです。

・ビオトゥルム フェミニンクリーム 75ml

水、ホエイ*、ホホバ種子油*、スクワラン、グリセリン、セテアリルアルコール、ペンチレングリコール**、ステアリン酸ポリグリセリル-3、クエン酸ステアリン酸グリセリル(小麦由来)、ポリリン酸Na、ビサボロール、トコフェロール、カミツレ花エキス*、トウキンセンカ花エキス*、ラベンダー油*、セージ油、バニラ果実エキス、ベルガモット果実油、ショウガ根エキス、レブリン酸Na、ヒマワリ種子油、乳酸、オリザノール、キサンタンガム *は有機原材料、**は植物由来原材料

・ビオトゥルム フェミニンウォッシュジェル 250ml

水、ホエイ*、グリセリン、ヤシ油アルキルグルコシド、エタノール(小麦由来)、ヤシ油アルキルグルコシド酒石酸Na、デシルグルコシド、乳酸、オレイン酸グリセリル、トウキンセンカ花エキス*、カミツレ花エキス*、バニラ果実エキス、ベルガモット果実油、キサンタンガム、レブリン酸Na *は有機栽培原材料

・ビオトゥルム フェミニンデュオスプレー 50ml

水、グリセリン、ホエイ*、ペンチレングリコール**、クエン酸トリエチル、スクワラン、ホホバ種子油*、パルミチン酸スクロース(小麦由来)、クエン酸ステアリン酸グリセリル(小麦由来)、ステアリン酸グリセリル(小麦由来)、ヤシアルカン、(カプリル酸/カプリン酸)ヤシアルキル、マンナン(小麦由来)、スクロース(小麦由来)、香料、レブリン酸Na、アニス酸Na、キサンタンガム、乳酸 *は有機原材料、**は植物由来原材料

全成分をざっと見た感じ、ホエイ(ラクトインテンシブアクティブコンプレックス)がかなりメインで使われているんだなーと思いました。完全オーガニックではなく、植物由来ではあるものの合成成分も多いですが、ケミカル成分は配合されていないようです。※残念ながら上述したINTIME ORGANIQUE(アンティームオーガニック)は割とケミカルな成分が入っております。唯一の難点はアルコール系成分が入っていることで、これが人によっては合う合わないがあるかもしれません。

この3点のうち最も売れているのはウォッシュジェルのようで、今日私がチェックしたコスメキッチンのオンラインストアでエチケットジャンルの製品の中で2位にランクインしていました。

ただ、ありがたいのが輸入製品でありながら、容量もそれなりですべて2000円~3000円代で購入できるということ。これはアンボーテよりも安いですね。好みはありますが、一度お試ししてみる価値アリと思います。

>>>コスメキッチン 2017年秋 デリケートゾーンケア特集

「幸せのオーガニックコスメ」では、月2回配信、不定期で読者限定コスメプレゼント企画ありのメルマガを配信しています。
登録・解除はいつでも自由にできます。よろしければ、ぜひご登録ください。
↓ ↓ ↓

スポンサード リンク
Follow Tomoe Takahashi's board 幸せのオーガニックコスメ on Pinterest.

*
*
* (公開されません)

Return Top