幸せのオーガニックコスメ~地球といっしょにきれいになろう

バネッサミーガンの店長一押しプチグレインクリームクレンジングをお試ししました!肌がしっとり調うミルククレンジング

オーストラリア発、今や大人気で道端ジェシカさんにも紹介されたり新宿伊勢丹のビューティーアポセカリーにも出店しているオーガニックコスメブランド・バネッサミーガンのプチグレインクリームクレンジング(ミルククレンジング)をお試しさせていただきました。こちらは、店長一押しの商品とのことです。

vanessameganc1

オーストラリアのオーガニック認証ACOを取得しているコスメであるだけではなく、原材料も基本的にはオーストラリアのものを使用しています。オーストラリアというとオーガニック先進国であり環境保護大国で、国を挙げてオーガニックを推進しています。そのオーストラリア発ということでバネッサミーガンのコスメを使えるのが楽しみだったのですが、今回このクレンジングをお試しさせてもらって、さすが!と思うほど気に入りましたので、以下レビューしていきますね。

>>>バネッサミーガン プチグレインクレンジングクリーム

世界でも最も厳しいといわれているオーストラリアのオーガニック認証ACOを取得し空輸されるバネッサミーガン

 
オーストラリアというとオーガニック大国・環境保護大国ですが、オーストラリアのオーガニック認証であるACOは世界のオーガニック認証の中でもかなり厳しめの基準を設けていることで有名です。バネッサミーガンは、そのACOを取得しているコスメで、今や全豪いたるところのドラッグストアなどで人気を博しています。

vanessameganc2

元々オーストラリアは近年になるまで産業がなかったこともあって、環境汚染が比較的少ないといわれています。そのオーストラリアの原材料を基本的に使用して作られているということもあり、バネッサミーガンのコスメは品質的にもかなりこだわりを持って作られています。

vanessameganc6

私自身オーストラリア産のオーガニックコスメはいくつか知っていますが、オーストラリア産のものは素材がピュアな感じがして、素材の力がストレートに力強く出てくるイメージがありますが、バネッサミーガンの場合もまさにそんな感じ!という製品です。ちなみにバネッサミーガンは、蝶がモティーフになっていますが、バネッサは蝶を意味すると同時に創始者の元ファッションモデルであるバネッサ・グレイから、ミーガンは強さをあらわすギリシア語から来ているそうで、まさに「強さ」という表現がこのブランドの特徴なんじゃないかと感じました。

ちなみに、バネッサミーガンのポリシーは「口にできないものは肌にもつけない」だそうで、肌も臓器の一つと考えて体に吸収されることを前提として原材料を選んでいるそうです。

バネッサミーガンの価格帯はややお高めなのですが、その理由のひとつが、赤道を通過することによる品質劣化を避けるために空輸ですべて運んでいるからのようです。オーガニックコスメは熱に弱いですから、この処置をとっているバネッサミーガン、そして日本の受け入れ側は素晴らしい!と心から感じます(海外製のオーガニックコスメの場合、夏場に個人輸入をしたら中身が分離していた・・ということも結構あるみたいです)。

さらに、海外製のコスメって香りがきついとか、品質はいいけど香りがどうしても…という方もいるかもしれませんが、バネッサミーガンに関しては、バネッサ・グレイ自身が丁寧に調香しているそうで、繊細さを感じます。

最近ではいろいろなオーガニックコスメのブランドが日本でも海外でも誕生していますが、素材のピュアさ、力強さをそのまま活かして、合成成分を使わない処方(ACO基準では禁止とのこと)になっているというところがバネッサミーガンの特徴だと思います。

・・・と、あれやこれや色々書きましたが、いつかお試ししてみたいと思っていたバネッサミーガン、このたびご縁があってお試しさせていただけることになりとてもうれしかったので、以下はりきってレビューしていきますね。

バネッサミーガンプチグレインクリームクレンジングの口コミ・感想・レビュー

 
今回私がお試しさせていただいたのは、バネッサミーガンの日本ショップで店長一押しに選ばれているプチグレインクリームクレンジングです。いわゆるミルククレンジングの部類に入る製品になります。

バネッサミーガン口コミ
 
製品名にもなっているプチグレインとは、柑橘系の精油のことで保湿しながら吹き出物やにきびにも効果的という優れた成分。香りもレモングラスが入っていますので、全体に爽やかなフレッシュな感じがするクレンジングです。

なお、ボトルはプラスティックでポンプ式になっていますので、お風呂で使うときもささっと使えてガラス製品のように割れる心配もありません。

バネッサミーガンクレンジング

手に取ったところは、こんな感じでいわゆるミルククレンジングですが、もたっとした結構しっかりしたテクスチャーです。

全成分はこちら:
バネッサミーガンクレンジングクリーム

*アロエベラ液汁 オリーブ油脂肪酸セテアリル オリーブ油脂肪酸ソルビタン * ヒマワリ油 セテアリルオリベート * ユチャ油 * ヤシ油 レウコノストック(ダイコン根発酵液) * シア脂 カプリル酸グリセリル 酢酸トコフェロール(天然ビタミンE) キサンタンガム セイヨウニワトコ果実エキス * ビターオレンジ油(プチグレン) * インドレモングラス油
(※)*オーガニック認証成分

実際に使ってみての感想ですが、特にピーリング的な効果のあるものやゴマージュなどの製品ではないにもかかわらず、使うと肌がつるつるになります。小鼻周りとか。これはちょっと驚きました。ごく普通のミルククレンジング風なのに。
それでいて、これ1本使っただけでOKというくらい保湿効果もかなりあります。加えて、「肌が引き締まる」感じがします。

ただ、クレンジング効果(メイクを落とす効果)に関しては、ごく普通のオーガニックコスメのメイクならOKですが、そうではない物の場合はあまり期待できないので、要注意です。特にアイメイクはあまり落ちないのでそこは適宜オイルクレンジングなどで代替するといいかも、

日本サイトの説明によると、このクリームは、マッサージクリームとしても使えるということですが、確かにくるくると顔の上に載せてマッサージをすると疲れが吹き飛ぶ感じがするので夜お風呂で使うと気持ちいいですね。ココナッツオイル、シアバターが配合されていて皮脂を奪い過ぎないのも○です。

バネッサミーガンのプチグレインクリームクレンジングはオーガニックコスメの良質なミルククレンジングを探している人におすすめ

 
オーガニックコスメユーザーの人はクレンジングとしてミルククレンジングを好む傾向があると思います。敏感肌だったり乾燥肌の人は、強いクレンジングで肌を痛めていることが多いので。私もこれまでいくつかミルククレンジングを使ってきまして、テラクオーレのローズのミルククレンジングが一番かな~と思って来ました。

ただ、成分的にみると、テラクオーレのミルククレンジングは結構合成成分(植物由来ですが)が使われています。それを気にする方は、合成成分の使用を禁じるACO認証取得のバネッサミーガンのプチグレインクリームクレンジングがおすすめかなと思います。

200ml入りで税込み8359円と決してお安くはない値段ですが、石けんとメイク落としの機能を兼ねるものですし、かなりお肌への優しさや効果が優れているので、一度お試ししてみる価値はあると思います。

「幸せのオーガニックコスメ」では、月2回配信、不定期で読者限定コスメプレゼント企画ありのメルマガを配信しています。
登録・解除はいつでも自由にできます。よろしければ、ぜひご登録ください。
↓ ↓ ↓

スポンサード リンク
Follow Tomoe Takahashi's board 幸せのオーガニックコスメ on Pinterest.

*
*
* (公開されません)

Return Top