幸せのオーガニックコスメ~地球といっしょにきれいになろう

日本オーガニックコスメ協会第2期オーガニックコスメアドバイザーの資格講座受講します

ここ最近自分の仕事の方向性が一つ変化する時期に来ているなと思っていまして、その流れの中で、
日本オーガニックコスメ協会の第2期オーガニックコスメアドバイザーの通信講座を受講することにしました。

joca2

このアドバイザーの資格をとることで仕事をするという感じではないのですが、
この資格を取ることにとてもわくわくとした気持ちを抱いています。
(いや、まだ合格したわけではないですけどね! これから頑張らなきゃ~)

なぜ受講しようと思ったのか・・・私の半生とオーガニックコスメの関わり

実は、この申込書には、オーガニックコスメアドバイザーの資格を取ることで、
どんなふうに将来の仕事に生かしていきたいのか?という希望をつづる欄があります。
その欄をなかなか埋めることができず、いろいろ考えをまとめているところなのです。

joca1

私は普段、普通にフルタイムで仕事していまして、
また、その他にも個人でやっているフリーランスの仕事、
友人たちとやっているプロジェクトなど複数のことをいろいろやっています。

よく人に、そんなにいくつもいろんなことがよくできるね~って言われますが、
私の中ではすべてつながっているんです(笑)
主婦業もやってるから身体がいくつあってもたりませんが。

たとえば、ドイツ語を専攻していたこと、ドイツに留学していたこと、
フラワーエッセンス、ハーブやアロマとの出会い、
3.11で生まれ故郷の町が原発20km圏内に指定されたこと(いずれこの話についても書きたいと思っていますが)、
現在携わっている再生可能エネ関係の仕事、
友人たちとやっている蓼科のハーブ園、今度出版するハーブ関係の翻訳書、
そのすべてをうまく整理し統合できる可能性が、
オーガニックコスメにあるんじゃないかと感じています。

大げさな言い方になりますが、オーガニック、
特に国産のオーガニックや国産素材を使ったオーガニックコスメに、
未来を託せるのではないかと真剣に思うようになったんですよね。

今すごくオーガニックコスメがブームになっていて、
多くの女性がオーガニックを自分の生活に取り入れ始めていることに、
未来につながるすごい可能性が秘められていると。

私の表の仕事(再生可能エネ関係)は、
非常に厳格な世界で、数億、数十億というお金とたくさんの人と絡み合う仕事で、
ものすごく政治的な駆け引きや交渉事などが必要とされます。

そんな中、男性的なアプローチの限界も感じずにはいられないのです。
男性たちが動かすと、どうしても生活感から離れた、
地に足のつかない考えや論理が出てきてしまうのですよね。

もちろんその仕事自体は素晴らしいのですが、
これから先もがっつりと自分の人生の時間の大半をささげたいか?
と言われるとちょっと違うよな~という気持ちになってきたのです。

特に、2年前から合計6回にわたっての中長期の海外出張は、
とっても体の調子を悪くするもので、
生理不順や不定愁訴に悩まされるなど、自分の体の限界も感じるようになりまして、
昨年結婚もしまして家庭も持ったことから、もう少し自分を大切にしようとも感じるようになりました。

おりしも、友人たちとはじめた蓼科のハーブ園のプロジェクトの中で、
プロの農家やハーブ農家と少しずつつながりが持てるようになってきて、
東京育ちの私にとっては未知の世界の扉が徐々に開いている感じがしています。

蓼科という土地が日本のオーガニックコスメの原料となるハーブの産地であるということ、
美しい水と、原発から50km以上離れている場所にであるということから、
自然とこの畑のプロジェクトをコスメと結びつけられないだろうかと思うようになりました。

オーガニックコスメをより多くの人が求めるようになり、
その良さが広まっていくことで、同時に再生可能エネの推進や、
日本の農業の活性化も徐々に進んでいくのではないかという可能性に気づいたのです。

たとえば、ドイツやオーストリアなど私にとって縁の深い国々では、
オーガニックコスメの企業というのは、
ほぼ100%、再生可能エネ・農業活性化・フェアトレードなどに配慮しているからです。
日本ではまだま進んでいない障がい者雇用なども普通に企業活動の中に溶け込んでいますね。
(日本では、クレコス、フルフリフリフラ、ねば塾、そして最近ではスプーン・スプーンさんなどがこういう取り組みをされていますが)

たとえば、ヴェレダはシュタイナーの人智学共同体がバックボーンにあり、
その人智学共同体では障がい者も普通に働いているところが数多くあります。
バイオダイナミック農場は、こういう共同体と結びついているところがほとんどです。

私の両親が障がい児教育に長く携わってきたことから、
ものすごく関心があったので、そのことを知ったときは自分の人生の色々なパーツが、
オーガニックコスメという切り口でまとまっていくことに感動したものです。

このブログをはじめたことも、そういう流れの中の一つでした。

私が高校時代にお世話になった化学の女性の先生が、
石鹸のことや、界面活性剤のこと、
化粧品のことについて教えてくれたことがきっかけとなってオーガニックコスメの世界の扉を開いたように、
誰かがこのブログをきっかけとして、オーガニックコスメの魅力に触れ、
自分の肌をいとおしく思うことを通じて、
自然と地球や世界とのつながりを感じ幸せになってくれたらな~、
という気持ちで書いています。
だから、幸せのオーガニックコスメ(笑)というタイトル。

おかげさまで、質問を下さる読者の方、
ご自分のサイトやブログでご紹介くださるお店やメーカーさんに支えられて、
毎日張り合いをもってこのブログを運営させていただいています。

ラベルをちゃんと読めるようになりたい&ラベルだけではわからない背景を知りたい

joca3

でも、ブログ運営を通じてオーガニックコスメの世界に多数触れ、
紹介のためにそのラベルの裏側やボトルの裏を読むようになってから、
とっても素敵そうでとってもオーガニックっぽい雰囲気なのに、
??ケミカルでは?というコスメもあることに気づくようになりまして、
自分の中に基準と知識をつけなければ責任持てないな~と思うことが増えてきました。

私なんて素人にすぎないのですが、こういうブログを書いている時点で、
読者の方にはとっても「通(つう)」にうつるのですよね。

趣味の範囲を出ないブログ活動ならそれでもいいのでしょうが、
このオーガニックコスメを、自分のライフワークの一つにしたいと思うようになった今、
オーガニックコスメの勉強を改めてしよう!と思ったのですね。

これからはより精度の高い情報を発信していけるよう、
自分自身も学んでいきたいと思っています。

そしていつか、どういう形になるか分からないですが、
自分の頭の中にある理想というかヴィジョンが、日本という土地でも花開けばいいなと思っています。

「幸せのオーガニックコスメ」では、月2回配信、不定期で読者限定コスメプレゼント企画ありのメルマガを配信しています。
登録・解除はいつでも自由にできます。よろしければ、ぜひご登録ください。
↓ ↓ ↓

スポンサード リンク
Follow Tomoe Takahashi's board 幸せのオーガニックコスメ on Pinterest.

  • コメント ( 2 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 日本オーガニックコスメ協会のアドバイザー講座の検索をしたところこちらにたどり着きました。わたしも受けようかと思ったら、タイミング悪く締切ってしまったところでした。講座の内容や勉強の様子などアップしていただけると嬉しいです。今後もブログ楽しみにしていますね。それでは♩

  2. shimainoさま
    おお!オーガニックコスメアドバイザーご興味があったのですね。
    早速4月末に第一回目のテキストが送られてきましたよ。
    今後も可能な範囲でどんな感じなのかUPしていきますね。よろしくおねがいしまーす!

*
*
* (公開されません)

Return Top